子育て世代に人気の首都圏

首都圏でも人気の地域

house

千葉県は東京に接していながら山、海、街と揃っていて、首都圏の中でも住むのに非常に人気のある県です。県面積が広く、各地域で特色があります。東京に近い方は街自体も発展していて活気があり、商業施設も充実しています。南の方はリゾートとも言える温暖で海の近い街で、首都圏とは思えないほどのんびりした雰囲気を持っています。都会では考えられないほどお値打ちな一戸建て住宅に住むことも可能で、都心から移り住む家庭も最近は増えています。子どもを育てるには広さのある一戸建てで、自然がふんだんにあるのどかな街に住みたい、しかしある程度便利で買物に行く街にも近い方がいい、しかも時々は都心に出たいという、わがままな要望も叶えられるのが千葉県の各地域です。

特色の違う房総の各地域

千葉県の大部分を占める房総半島は、三方を海に囲まれている地形で、高い山が無く、平均海抜が低いという特徴もあります。海でも東京湾側と太平洋側で全く違う雰囲気で、内房と呼ばれる東京湾側は浦安や幕張など発展している街が多く存在し、外房と呼ばれる太平洋側はリゾート地域として発展し、観光客も多く訪れ、マリンスポーツも盛んです。気候にも地域差があり、温暖と思われる南の方でも一部は冬の寒さが厳しい地域もあります。土地の値段としては地域差がかなりあり、発展してる街の多い京葉地域は都心並みに高く、外房の方は安いので新築一戸建ても多くの世帯で手の届く範囲です。千葉県の交通網は鉄道が発展しているため、都心への通勤も可能で、広い一戸建てに住むために千葉に移り住む人も多くいます。